FC2ブログ

Four*Seasons

季節の日記帳

紫陽花

雨の日に紫陽花はとても似合います。

200906051813000.jpg 200906051812000.jpg

もうすぐ梅雨入りですね。
ジメジメとした鬱陶しい時期だけど、紫陽花を見ていると明るい気持ちになってきます。


スポンサーサイト



ジャンル : ライフ
テーマ : 季節を感じる

[ 2009/06/06 21:38 ] | TB(-) | CM(-)

座敷わらしを訪ねて

先日読んだ「愛しの座敷わらし」という本に刺激され、是非とも座敷わらしに会いたくなったので、岩手県二戸市の緑風荘に行ってきました。

IMG_0252.jpg IMG_0253.jpg

ちょっと早めに着いたので、わらしちゃんが住み着いているといわれている「槐(えんじゅ)の間」を見学させてもらいました。

IMG_0134.jpg
IMG_0130.jpg IMG_0131.jpg

人形やおもちゃが所狭しと並んでました。
ここは、宿泊客が来る前だったら、見学でお部屋に入れてもらえるんです。
オーブが撮れなくてガッカリしていたら、宿の方に「お泊りになるお部屋でも撮れますから、試してみてくださいね」と言われて、ちょっとほっとしました。
ここは、母屋の奥座敷になるんですね。
そして外のお庭には、こちらの守り神「亀麿ちゃん」が祀られている「亀麿神社」があります。

IMG_0239.jpg IMG_0241.jpg

毎年9月28日に例大祭が行なわれるそうです。
今年、行ってみようかなぁー。
そして私達が泊まったのは、「高砂」というお部屋。

IMG_0254.jpg

ここでもね、一番最初に撮った時は全然写らなかったんだけど、たくさん撮っている間にだんだん現われて・・・・。

IMG_0257.jpg IMG_0268.jpg

O(≧▽≦)O ワーイ♪
わらしちゃんが、大歓迎してくれましたぁ~!
で、肝心な”ホンモノ”に会えたかどうかですが・・・・・。
残念ながら、私は期待しすぎたせいか、何も感じることができませんでした。
がしかしっ!
うちの旦那ちゃんは、しっかりと感じ取ることができたみたいです。
普段、不思議な現象とはまったく縁のなかった彼、怖くて目が開けられなかったそうなんですが、お腹の上に乗っかられた感触とか、掴んだわらしちゃんの足首の感触とかが、リアルの残っていたそうです。

そう、彼はわらしちゃんの足首を掴んだんだそうな(笑)

夜寝ていたらね、入り口の方から人が入ってくる気配がしたんだって。
それから何人かの子どもの声が聞こえてきて、ザワザワしたそうです。
「おぉーーー、ホントにきたぁー」という感じだったそうですよ♪
笑い声も聞こえたとか・・・頭の上で何人かが飛び跳ねていたそうです。
自分のことを見下ろしている気配も感じたんだって。
そのうち、一人が彼のヨコにやってきて、お腹の上に飛び乗ってピョンピョン跳ねたそうです。
そんなに重さを感じることはなかったそうなんですけど、いかんせん飛び跳ねているからちょっと苦しさを覚えたので、思わず足首をそっと掴んだそうなんです。
でもスルリと抜けてしまったんですって。
そしてその後、わらしちゃんたちは去り、静かになったとか。
わらしちゃんの足首は、女性の手首ほどの細さだったそうですよ。

なぁ~んか、すごーい。
うちの旦那ちゃん。
そんな体験しちゃったなんて・・・・私が会いたくて、私に付き合っただけなのに、彼はすごい体験をしちゃいました。

お宿の方が言っていたのですが、わらしちゃんは人を選んで出てきてくれるそうです。
「この人のために何かをしてあげたい」を思って、出てきてくれるんだとか。
うちの旦那ちゃんは、わらしちゃんに気に入られたようです。(笑)

はぁー、隣で寝てたのに、私は何も感じることができませんでした。
わたしはわらしちゃんから選ばれなかった・・・・(=;ェ;=) シクシク
それを考えるとちょっとショックなのですが、でも旦那ちゃんに良いことが起これば、私にとっても良いことなワケで・・・。
我が家の代表として選ばれたんだと思うことにしました(笑)

でも、座敷わらしって、ホントにいるんですね。
なんかすごく嬉しくなりました。

「槐(えんじゅ)の間」は2年先まで予約が埋まっていて、キャンセル待ちも1000人くらいいるそうです。
でも、他の部屋でも十分に体験できるようなので、一度訪れてみては?

私も、わらしちゃんに会いたいよぉ~~!!
今度は、盛岡の旅館に行ってみます(笑)


ジャンル : 旅行
テーマ : 国内旅行

[ 2009/05/26 22:11 ] 国内旅行 | TB(-) | CM(-)

国宝 阿修羅展

日曜日、東京国立博物館で催されている国宝 阿修羅展を見に行ってきました。

img038.jpg img039.jpg

夕方から行ったので、外で並ぶようなことはなかったんだけど、中はやっぱりすごい人だったわ。
阿修羅像の前なんてすごいわよ。
係りの人が「最前列の方は立ち止まらずに少しずつ進んでください」と何度言われても、全無視(笑)
たぶん、最前列を確保するのに時間を要したのでしょうね。
「絶対に譲ってなるものかっ!!」みたいな感じで、みんなしがみ付いてました。
すごかったよ。
私はちょっと後ろの方をゆっくり回りながら鑑賞しました。
人がたくさんいたからゆっくり眺めることはできなかったけど、美しいお顔をしっかり拝むことができたのでよかったです。
写真で見るよりもずっと綺麗なお顔立ちをされておりましたが、多くの方が「なんともいえない憂いを帯びた顔」と絶賛されておりますが、私はあまり心を動かされなかったんです。
確かにとてもとても美しい仏像だったのですが・・・・・専門的なことは良く判らない。

私がとても心引かれたのは、阿弥陀三尊像です。
上の画像の右側に載っている18番の仏像なのですが、もう、ほんっとにお優しいぃ~、お美しいぃ~、仏様なのです。
うっとりしてしまうくらい。
しばらく立ち止まって見とれてしまいました。
私もこのような仏像が欲しいです。
毎日眺めていたいくらい。
それくらい私の心の琴線に触れたのです。

すごく素敵な展覧会でしたよ。
多くの人が訪れる意味が判りました。
今度は奈良まで行きたいなぁ~。

古代ロマンに触れたひと時でした。


ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。

タグ : 阿修羅

[ 2009/05/19 20:41 ] おでかけ | TB(-) | CM(-)